フィトバランス phytobalance

phytob.exblog.jp
ブログトップ

エソ基礎8月後半:真理の啓示

f0053026_22371253.jpg
『トランスヒマラヤ密教入門』8月後半は、第2巻:生命としての地球、第2章:真理の啓示を学ぶ。

最初に真理(Truth)について、いくつかの引用が続くが、神尾先生もブログで引用された部分、これは、本当に大切なこと、日々の生活から、大局的な社会的姿勢において、心すべきことと感じるので、ここでも引用してみる。


「すべての正しいアイディアは性質上、一時的なものである。そのため、部分的に正しいものとして認識され、より大きな真理にその座を譲らなければならない。その時代の事実はのちに、より大きな事実の部分とみなされるようになる。

人間は不朽の知恵のいくつかの小さな原理を明瞭に把握し、それらの正しさを確信できるようになったため、より大きな全体を忘れて、・・・そして、それが限定になり、彼を捉えて彼の進歩を阻むものになる。自分には真理があると確信しているため、他の真理を見ることができなくなるのである。

真理かもしれないものについて自分自身で具体化した概念の真実性を確信できるため、自らの脳の限界を忘れ、・・・個人的な分離したマインドによって形態へと形成されていることを忘れてしまう。その小さな真理のために生きるようになり、それ以外のものは見えなくなる。そして、人々に自分の想念形態を押し付け、[想念形態に、]憑依された狂信者になる。たとえ世間が彼を正気と見なしたとしても、メンタル的にはアンバランスな人間になってしまうのである。」
(TH第2巻第2章1.真理.P152-153:『ホワイト・マジック』より)


この引用から、すぐに浮かんだことは、3つ。

1つは、私が携わるセラピーやヒーリング、スピリチュアルな教えの分野では顕著であるが、何かの教えに感銘を受け、もしくは、それが真実だと思えた時、意識的か無意識的か、視野が狭くなったり、他を排除する傾向がいくらかでもでてきてしまうことである。ある医師が、『セラピスト達は、自分がやっていることが一番だと思い、他を排除している、、』と何度となく指摘していた。そうでもないだろう、とは思ってはいたが、改めて、振り返る必要がありそうだ。

もう1つは、宗教を信じる心について。渡米して間もないころ、敬虔なクリスチャンの友人ができた。高校時代キリスト教の洗礼を受ける直前でやめた自分の経験と知識から、彼女に「キリスト教の教えはよいと思うけど、排他的なところが好きになれない」と言ってみた。彼女はためらいもなく、「自分が本当にこの教えが一番だと信じているのだから、他がよいと思えないのは当然だ」と返した。その時の私は、本当に信じるということはそういうことなのだろうな、仕方ないな、と妙に納得したものだった。

もう1つは、科学、学問の世界における姿勢。特に、偉大なる発見があったり、思想が生み出されると、発見した本人のみならず、世界的にそれが真理になってしまう。世の中全体が、その考え方の枠組みでしかものを見ることができなくなってしまう、ということ。DNAを絶対視する生物学におけるセントラルドグマや、医学における機械論的身体の見方など。科学の歴史において、いくつもの偉大なる発見が、度々覆されてきたにもかかわらず、、だ。物質主義や資本主義などの思想も同じこと。


面白いことに、科学については、啓示(Revelation)の箇所にこんな風に登場していた。

「キリストの時代以降の真の啓示の多くは科学の線に沿って世界にもたらされた。…科学の啓示は、それが基本的根本的なものであるとき、宗教の啓示と同様に神聖なものであるが、その両方が人間の要求を満たすために悪用されてきた。科学が人類の古傷を癒し、よりよいより幸福な世界を築くために最善を尽くすようになる時代はすぐそこまで来ている。」
(TH第2巻第2章3.啓示.P161:『グラマー』より)

科学的大発見は、やはり啓示であることには違いない。ただ、先の引用にあるように、それは一時的なものであり、いずれより大きな真理の一部になるにすぎないということを知り、そのような視野で受け止める必要があるということだ。

それにしても、「その両方が人間の要求を満たすために悪用されてきた」とは、確かに。科学においても、宗教においても。

私が洗礼を受けなかった理由は、キリスト教の名のもとに、いかに沢山の悪行が行われてきたかを世界史で学んだからだった。人間が「人間の要求を満たすために悪用」したから、、とは明確には理解できていなかったんだな。あの頃は。


その後、私は大学で歴史学科に進み、西洋史を専攻した。しかし、選んだ時代は、西洋史の花形ルネッサンス期でも無く、ローマ時代でも無く、古代ギリシアだった。キリストが生まれる以前の時代だ。
(余談 :-))






[PR]
by phytobalance | 2016-08-25 19:49 | アリス・ベイリー・AB