フィトバランス phytobalance

phytob.exblog.jp
ブログトップ

チャクラ情報徹底探究 その2

f0053026_18420102.jpg
3回シリーズ「チャクラ情報徹底探究」の第2回目。
今回は木曜日コースに潜入!!

第2回目は、リード・ビーター著『チャクラ』から。

随分昔に読んだこの『チャクラ』。当時は、チャクラが何だかほとんど知らなかったから、その情報にかなりワクワクしたものだった。ただ、だいたいどのようなものなのか、表面的にさらった程度の理解しかできなかったのではなかったかな。

その後、10年家を空けていた間、残念なことにこの本はどこかへ行ってしまった。

今回のシリーズで紹介するチャクラについては、『エソテリックヒーリング』の講座でも扱っていた。だから、リード・ビーターの『チャクラ』についても1度は聞いている。いや、『エソテリックヒーリング』は、3ラウンド受講したので、3度は聞いているはず。ブレナンと秘教でいうチャクラとの違いは、それなりに覚えている。でも、だからどうなのか・・・もはや記憶にはなかった。

今回、少々複雑で独特な『チャクラ』の解説が、比較的すんなりと入ってきたことは、4度目となる解説だったからではなく、4年は学んでいる秘教への理解が進んだからに違いない!と思いたい。

『チャクラ』には、役割がそれぞれ異なる、脾臓を中心にしたプラーナ分配システムと、伝統的なインドのチャクラ・システムが解説されている。前者は、いわば、生命や健康と密接に関係があり、後者は、霊的進化と関係がある。なるほど、そんなことが書かれていたのか!!(記憶になく、、)

唸るような学びは、何と言ってもサンスクリットの49のアルファベット!
昨年ホワイトマジックを少しかじり、妙に「音」の存在、役割が気にかかっているこの頃。
秘密は、音(の周波数)にあり!(と、勝手に思っている)

しかも!またしても神尾先生の大発見!
サンスクリットのアルファベットは、49ある。それは何を意味するのか。

・・・秘教徒はこれでピンと来なくてはならない。

もちろん!49は7x7だ。

その心は?

階層構造!! もちろん! :-)

神尾説は、チャクラのみならず、音も階層構造に対応するのだと言う。

おぉ・・・!

宇宙と生命体、そして全ては相似形だから、確かに!
しかし、そう来るかぁ~!!!


音は周波数を持つ。今、担当している「エネルギー医学基礎講座」で、周波数の重要性などをお伝えしてしまっている身としては、胸が高鳴る。
秘かに確認しなければならないことのヒントをいただいた!(乞うご期待!)

まさに、神秘が、科学と交わりつつある!
ますます面白くなる。だから辞められない。

秘教やエネルギーについて学んでいるのかと思っていたのだけど、そうか、半分くらいは探検家の気分を楽しんでいたのだな。

まさに、神秘のベールが、少しずつはがされていく。


次回はいよいよ秘教のチャクラ!




[PR]
by phytobalance | 2017-03-26 18:54 | アリス・ベイリー・AB