フィトバランス phytobalance

phytob.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:植物・Plants( 4 )

ハンカチの木:Handkerchief Tree

f0053026_20284160.jpg連休後半、筑波実験植物園ではハンカチの木の花が見ごろとなっていた。

やっと見ごろに出くわした!

遠くからハンカチの木を目撃!でも、花らしきものはどこに?白いハンカチがブラブラとぶら下がっているはずなんだけど。

風に踊る葉っぱたちは、陽の光に白く輝いていた。全部が葉っぱに見えるけど?近づくと、確かに白いハンカチが風にたなびいていた。

f0053026_20371010.jpgハンカチノキは、学名をDavidia involucrataというハンカチノキ属の木。APG植物分類体系ではヌマミズキ科(Nyssaceae)に属するのだけど、新クロンキスト体系ではミズキ科(Cornaceae)に分類されていただけあって、葉っぱミズキ科の雰囲気がある。

そして、その花、白いハンカチの部分は、ハナミズキ同様に花弁ではなく、苞葉。ハナミズキは、4枚の苞葉だけど、ハンカチノキのは2枚、形は不揃い。片方が長く垂れ下がり、もう片方は少し小さい。花は、ハナミズキ同様、真ん中に集合している。ひとつひとつが赤みを帯びて、全体がボール状に見える。

f0053026_20274069.jpgミズキ科のミズキ、ハナミズキ、ヤマボウシなどは、葉っぱも花も上向きになっているのが特徴だけど、ハンカチノキは、ご覧のとおり、花は徹底してだらしなく下向き。そしてそれらが並んで風にたなびく様が、鳩のようにも見えるので、英語では、ハンカチーフの木と呼ばれる他、鳩の木(Dove Tree)とも言うそうだ。(鳩には見えなかったけど。)

しかし、下を向いていてもハナミズキの面影があると感じるのは、私だけだろうか。

中国の四川省、雲南省あたりが原産のハンカチノキ。目立つようで目立たなかったりもしていたけど、会って嬉しいチャーミングさがあった。今では世界中で栽培されているのがわかるような気がする。
[PR]
by phytobalance | 2012-05-12 20:46 | 植物・Plants

クマガイソウ:Lady's Slipper

f0053026_205239100.jpgふっくらした袋を垂らした白っぽい花が一面に!

これぞ“クマガイソウ”!

クマガイソウとは、学名がCypripedium japonicumのラン科アツモリソウ属の仲間。ランなのに、なんともたくましい響き。

実は、この名前、同じ属の仲間、アツモリソウ、
Cypripedium macranthum var. speciosumと対になってつけられたとのこと。

f0053026_2053552.jpg両者とも、花の形が袋状になっている。これが、武士が背負っていた矢除けの母衣(ほろ)に似ている(ホントそっくり!)ため、そして、クマガイソウ、アツモリソウの花の色がそれぞれ白っぽく、赤っぽいため、源氏と平家の旗になぞらえ、源平合戦のそれぞれの武将の名を冠したのがこれらの名の由来。クマガイソウが源氏の白旗、その武将熊谷次郎直実、アツモリソウが平家の赤旗、平敦盛というわけだ。

しかし、葉っぱの形は、両者随分異なる。クマガイソウは、2つの大きな丸みを帯びた葉を持ち、アツモリソウのは、いかにもランらしい少し長めで若干波打つような葉っぱ。両者は花の色だけでなく、葉っぱでも区別がつくだろう。f0053026_20564384.jpg

アツモリソウ属(Cypripedium属)といえば、欧米ではレディズスリッパと呼ばれている仲間のひとつ。この花のふくらみが、スリッパの形のようだから、ということだそうだ。例えが随分違うね。

レディズスリッパといえば、FESのフラワーエッセンスのレメディのひとつ。
こちらは、Cypripedium parviflorumという種で、ふっくらしている花は黄色らしい。神経系に活力を与え、上半身、特に頭上に存在する精神的エネルギーが肉体を通して働くように促し、魂がしっかりと肉体と協力しあうよう助けてくれるエッセンス。このレディズスリッパの葉っぱの形は、クマガイソウよりは、アツモリソウに似ている。つまり、ランっぽい。

このCyperipedium属は、350種以上も仲間がいるのだけど、そのうち11種がICUN(国際自然保護連合)のレッドリスト(絶滅危惧種リスト)に記載されている。これに含まれないクマガイソウとアツモリソウも、環境省のレッドリストでは、VU(絶滅危惧II類)になっていて、「絶滅の危惧が増大している」種となっている。

クマガイソウを見たのは、国立博物館傘下の筑波実験植物園。野生ではなかなか見られないのだろうな。
[PR]
by phytobalance | 2012-05-07 21:03 | 植物・Plants

ハーブの目で、フラワーエッセンスを妄想する!

メディカル・ハーブを使う時に重要な点がいくつかある。

f0053026_16383792.jpgそれは、植物の学名であり、植物の生産地・生育地であり、そして、どこにも記載されていないが、いつ育った植物であるか、ということだ。

メディカル・ハーブとは、ハーブを健康と美容のために活用することなのだが、その恩恵は、その植物が体内で作る化学成分によるところが大きい。

化学成分?と思われる方もいるだろうけど、植物は、その体内で沢山の化学成分をつくり、自らを生かし、成長させ、防御し、そして、繁殖をする。動けない植物の最大の武器こそ、光合成が基盤となり作られる植物化学成分なのである。

学名は命である。植物に限らず、生物学の分野にいる人々は皆、学名が大切。なぜなら、学名は、種を特定する国際基準。どんなに似ていても、種が違えば、似ている点はあっても、様々な面で、同じとは限らないから。植物で言えば、種が違えば、体内で、同じ成分を同じだけ生成するとは限らない、ということになる。

f0053026_163968.jpg生産地も大切。植物も他の生物と同様、土壌や気候、つまり環境によって、その「生活」は変わってくる。同じ種の植物でも、生き抜くために、環境によって、姿かたちさえも変化させるだけでなく、少々生活リズムを変えてみたり、何よりも、体内で生成する成分の量が変わってきたりする。

いつ育ったか。同じ理由により、同じ土地で育ったとしても、毎年微妙に変化する気候による影響は無視できない。

植物化学成分が結構大切なメディカル・ハーブだからこそ、これらのことが重要になってくるのである。メディカル・ハーブが日本よりも真剣に扱われているヨーロッパでは、ハーブの成分基準がある。ハーブによって、その特徴的な含有成分の量が、○○%以上であること・・などの基準が明確に定まっているものも多い。

花のエネルギーを扱うエッセンス。フラワーエッセンスはどうだろう?

エネルギーは化学物質など、いわゆる“物質的”なものではない。でも、やっぱり、植物のエネルギーは、どこで育ったか、ということと関係あるように思える。植物の物理的なからだとエネルギーは互いに関係しているに違いないから。

f0053026_16392245.jpgでも、フラワーエッセンスのボトルには、植物の学名は載っているけれど、原料となる植物の原産地までは記載されていない。使う側がエッセンスを手にする時は、既にボトルに入っているし、植物の一般名でエッセンスを覚えるので、学名をほとんど気にしなくてもよいからなのか。バッチレメディは、多くのメーカーが作っているけど、皆、バッチ博士が最初にエッセンスに使ったウエールズで生育する植物を使っているのだろうか。

こんな風にも考えられる。植物の種によって基本機能が決まっているから、多少土壌や環境が変わろうとも、花からエネルギーに昇華する時には、その違いはあまり関係なく、ある一定のエネルギーを宿すのだ、と。または、その働きがあまりにも微細な世界なので、植物の生育環境などが異なっても、その微細さには反映されない、とか?さらに、違いがあったとしても、その違いは微細すぎて、感じることができない、から?

といろいろと、妄想してしまう。

薬草としての植物の特徴、そして、フラワーエッセンスとしての性質。植物をより理解していくためには、どちらも大切な要素。両者を理解すること、またさらなる側面から植物をみていくことが、植物の恩恵を正しく受け取るために大切なことであろう。
[PR]
by phytobalance | 2011-04-10 16:41 | 植物・Plants

植物をホリスティックに見てみると・・・!?

f0053026_2258020.jpgひとりひとりは、ひとりまるごとで、その人である。

仕事している自分、家庭での自分、パートナーといる時の自分。その顔は様々かもしれない。でも、私は私。

仕事も、親も、兄弟も、生い立ちも、生まれ育った場所も、友人も、夢も、目標も、よそ行きの顔も、心の中の自分も、そして前世も(?)、私は私まるごとで私である。あなたも、あなたまるごとであなたである。他の人が、あなたをどう見ようとも、あなたは、まるごとであなたである。

ひとをまるごと見ながら、健康や病気を捉えていくことをホリスティック・ヘルス、ホリスティック医療という。ホリスティックとは、全体的な、という意味がある。ホリスティック(holistic)は、ギリシア語で全体という意味のホロス (holos)、という意味の形容詞である。そして、ホロスは、ヘルス(health=健康)、ヒーリング(healing=癒し)、ホリー(holy=聖なる)、等の言葉の語源である。


f0053026_22582474.jpg植物も同じ。植物には、さまざまなパワーがある。美しい姿、香り、花のエネルギー、薬草としての効能、身を守る力、他の動植物を助ける役割。植物ひとつひとつも、そのまるごとをもって、その植物である。だから、植物だってホリスティックに捉えていかなくてはならない。そうすることで、既にいただいている植物からの恩恵の幅がもっと広がるのではないだろうか?

これまで、植物のパワーをいくつかの側面から学んできた。花のエネルギーを感じていくフラワーエッセンス、薬草としての効能を扱うメディカル・ハーブ、香りを活用するアロマテラピー、植物の姿から、また、植物同士や植物と他の生物と作り出す空間から癒される森林セラピー。そして、植物の命を始めとした生物多様性と共生をダイナミックにエネルギーとして感じられるアマゾンの熱帯雨林。

様々な側面から植物に接すると、植物への謎はさらに深まってしまうのだけど、また同時に、植物と立体的に、また、四次元的(!)に向き合うようになってくる。そして、植物の底知れないパワーを感じてくるのである。

f0053026_22583848.jpg長い間、ホリスティック・ヘルスやホリスティック医療、人をまるごと見る、ということを学ばせていただいてきた。今、自分では、植物をホリスティックに見ていくステージに来たのだと感じている。

植物のことは、まだまだ分からないことばかり。少しずつ、少しずつ、理解して、感じていけたらなぁ、と願っている。


でも、植物をホリスティックに見てみると、ますます、植物の世界に引き込まれてしまうに違いない。

もう脱出不可能・・・・・!?
[PR]
by phytobalance | 2011-04-04 23:07 | 植物・Plants