フィトバランス phytobalance

phytob.exblog.jp
ブログトップ

ホワイトマジシャンを目指せ!

White Magician(ホワイトマジシャン)― 白魔術師!

ゲームの世界か、オカルトか。
好むと好まざるとに関わらず、全ての道は、ホワイトマジシャンに続く!
今じゃないかもしれないけど、ブラックマジックに心が奪われたりもするけれど、みんなで目指そう、ホワイトマジシャン。


f0053026_19391542.jpg
アリス・ベイリー著 『ホワイトマジック』。
なんか結構腑に落ちた感があったので、忘れないようにメモしてみる。長い長い序文の一部だけね。

まずは、ホワイトマジック習得心得(基本概念)。準備はいい?

第1:「これを学ぶ人それぞれにとって最も重要なのは、・・・真理と部分的な真理と虚偽を識別する学ぶ人自身の能力」 (p16) 

第2:「秘教の教えを得ることで、現実の世界における責任もまた重くなる。」 (p16) 

第3:「何が起ころうとも心を動かされることなく、困難を克服していく堅固な忍耐力が最も必要」 (p16)

そして、ジュワルクール大師は言う。
「与えられた教えを個々に適用することは私の仕事ではない。それは、学ぶ人が自分自身がしなければならないことである。」 (p17)

は~い!♪


『ホワイトマジック』の考察するテーマとは、、、な、なんと、「魂の魔術」 (p18)  (ぎゃぁぁ~!)

「十五の規定を熱誠家が行うべきことに応用し、魂との接触と魂の顕現をよりうまく進めるための実践的な提案を与えよう」 (p19)

は、はい、よろしくお願いいたします!!
とは言え、また、規定? 『秘教治療』にあった規定とは別もの。
なんと、その名も「魔術に関する規定」!  おぉ~。


『ホワイトマジック』は、四つの基本公理に基づいて書いてあるとのこと。

その前に!
「真理がどのように表現されていようとも、それに盲目的に固執するよう求められることはない。」 (p21)

了解!疑いの目を持て!体験から実証せよ、、というわけね。心得た!
(ってゆうか~、まだ、100%信じているってわけでないし~)


公理I (p22):
「私たちの顕現宇宙には唯一なるエネルギー、つまり唯一なる生命、の表現が存在し、それが様々な形態…の根本原因になっている。」
「生命は、実在と存在を顕現させる。したがって、生命が二重性の根本原因である。」

すべてはエネルギー。唯一なるエネルギー。そして、それが生命というわけね。唯一なる!
エネルギーなのに、形態として顕現する。ゆえに、二元論や分離感を持っていしまう、、、。
でも、もともと唯一のもの。


公理II (p23):
「唯一なる生命は、物質を通して顕現することで、意識という第三の要素を生み出す」
「霊と物質という二つの極が結合した結果であるこの意識はすべてのものの魂である。」
「生命は・・・物質に根をおろし、形態をまとっており、そうすることで自らの特異で特有な意識状態を実現し、波動を安定させ、その結果として、自らを存在として知ることができる。」

物質を通して、意識が生まれる。。。自らを存在として認識できる。
やはり、ボディも重要な感じ♪
「特異で特有な意識状態、、、」 みんながそれぞれであることが大切、ということかな。
私だけがもてる意識状態の実現?!


公理III (p24):
「生命が形態をまとう目的と顕現している存在の目的は意識の開花つまり魂の発現である」

意識を開花するために、私たちはこの世に存在する、、ということなんでしょう。
ん~。意識の開花ねぇ~。
わたしたちみんな、ついつい意識的にも無意識的にも自分探しや自分のミッション探しているけど、意識の開花が、Way to Go!というとこか。

「進化するにつれて、物質は次第に光をよりよく伝導するものになり…」

エネルギーワーカーが、セルフケアを大切にして、自己研鑽して、進化していくべし、と説かれる所以ですかね。
(よりよく光を伝導したいわぁ~ん♪)


公理IV (p24):
「すべての生命は周期的に顕現する…これは…輪廻転生の理論…」

生まれ変わりの意味するところですね~。


これらが偉大なる根本原理とのこと!
「生命の存在と、周期的に形態をまとうことによる意識の発達!」 (p24)

つまり、あがり!になるまで、生まれ変わって意識開花ゲームを続けるわけね、、、。
(インド数秘術では、私、8なんだけど、次くらいであがり!かな。。。?)


「魂の性質は光であり、魂の認識は自己意識のあるアイデンティティーである。…発達することで最終的には、…自らがその一部であるより大きな意識に溶け込まなければならない。」 (p25)

うん、、、なんか、、早く溶け込みたくなってきたぁ~。


『ホワイトマジック』は、この後、15ある「魔術に関する規定」の解説本となっている。
(『秘教治療』より、読みやすい :-) )


さぁ~て、魂の魔術の習得を目指すか、目指さないかは、あなた次第!!


"I’m a white magician!"







[PR]
by phytobalance | 2016-05-02 20:22 | アリス・ベイリー・AB